暮らし」カテゴリーアーカイブ

海外で活躍できる日本語教師

日本語教師の需要

外国人の数は、以前より増えたと実感する人も多いのではないでしょうか。まさに日本で生活する外国人数は、どんどん増え続けています。

海外に移住するなら、日本語教師の免許あるいは資格を取得しておくのがおすすめです。なぜなら、時代の変化とともに日本語教師の需要が高まりつつある職業だからです。アジア圏を中心に日本語教師として働く人口が増えており、2012年には369万人に達したようです。

外国人の採用を強化させる企業も増加し、外国人労働者を積極的に求めています。今後、外国人とのコミュニケーションがますます盛んになると予想されることから、日本語教師のニーズが増大することは間違いないでしょう。

日本語教師の資格取得

現在、資格がなくても日本語教師として働くことは可能です。アルバイトやボランティア活動の一環として働く人も多く、日本語を話せれば誰でも日本語教師の仕事に就けます。日本語教師の有資格者になるためには以下3つの条件のうち、1つでも満たしている人を指します。

  • 大学で主専攻あるいは副専攻の日本語教育科目を履修し、卒業すること
  • 日本語教師養成講座において420時間以上の教育を受けること
  • 日本語教育能力検定試験に合格すること

資格は必要ありませんが、日本語教師を仕事にするなら資格は取得しておいて損はありません。日本語教師の有資格者をアピールできれば、採用側は即戦力を求めているので、より採用されやすくなります。

多くの場合、日本語教師養成講座420時間以上を受講するか、日本語教育能力検定試験に合格し日本語教師として働きます。

社会人やキャリアチェンジがしやすいのは日本語教師養成講座を受けること。
受講資格がない分、日本語を教える立場の仕事がしたいとなればこの講座を受講して日本語教師の道を進むのが一番効率がいいです。

🌎インターカルト日本語学校の日本語教師養成講座

日本語教師養成講座では、通学で授業を受けられる他、オンライン学習でも時間を有効活用して学ぶことができるのでおすすめですよ。
また、実習においては実際に外国人の生徒に教えるという機会も増えるので、より現場の空気を肌で感じることもできます。

日本語教師の給与相場

日本語教師の雇用形態は、主に専任講師と非常勤講師の2つに分かれます。

専任講師の場合、正社員として扱われるとお考えください。

地域によって収入に差がありますが、月の収入は21万円~23万円です。安定して収入を得られる点は専任講師のメリットと言えるでしょう。ボーナス制度も採用しており、平均年収はおよそ300万円です。
ただし、カリキュラムの作成や答案用紙を採点する時間などは授業外と考えられているので、それにかかる時間分は給料として加算されません。

非常勤講師の場合、1コマごとのレッスン料になります。
だいたい1レッスンが1,500円~2,000円です。専任講師と比較して収入は下がりますが、週2日~3日、午前・午後に出勤するなど、働く時間の融通が利くというメリットがあります。

しかし、非常勤講師は福利厚生を整っていない場合も多く、収入が不安定というデメリットがあるので注意しましょう。

海外から日本へ連絡を取る方法

手紙

手紙海外から日本へ連絡を取る方法として最初に挙げられるのが、手紙という方法です。
至極当たり前の方法であるものの、便利な現代社会の中では忘れがちな手段と言えるでしょう。

機械的な文字と比べ、文章を書く人の気持ちや性格なども表されるため、しばらく顔を見せていない人などに有効です。

手紙を書く際には、住んでいる場所の郵便局や売店などで、レターセットや切手を購入するのがベストです。
買ってきた時には同時に、ポストがどの場所にあるのかも忘れずチェックしておきましょう。
あて先に関しては必ず、「Air mail to Japan」を色ペンで記載しておく事が重要です。

メール

メール携帯電話やパソコンの普及によって、手紙以上に使われるようになったのが電子メールです。
メッセージを基本的に無料で送れるというのは、海外にいる人でもお金の心配がなくて良いのではないでしょうか。
明日帰国する、といったタイムリーな連絡もすぐに送信できるので、サプライズを起こしたいという人にもうってつけです。

電子メールを海外で利用する際には、あらかじめフリーメールサービスに登録しておきましょう。
携帯電話のアドレスでも問題なのですが、よりお金の節約をするのであれば利用する価値があります。
最近ではスマートフォンにフリーメールのアドレスを登録できるアプリもあるので、より利便性を高く感じられるでしょう。

国際電話

電話遠くに住む人の声を聞きたい、という時に使われるのが国際電話です。
いつでも電波を通じて話が行える、という便利な時代になりました。

海外に電話するとなるとお金がすごくかかりそう、と懸念される方もいますが、国際電話専用のプリペードカードの利用など、使い方によってはそれほど多くかかりません。

国際電話を利用する際、費用を抑えたいと思う場合には、海外ローミング対応の携帯電話を利用してみましょう。
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、これが海外で非常に重要なサービスへと繋がります。

自分が使っている電話に、海外ローミング機能があるか分からない時には、あらかじめ日本にいる際に携帯電話会社に確認をしておくことが大切です。

スカイプ

スマートフォンやパソコンをお持ちの方は、スカイプを通じて電話をしてみるのもよいでしょう。
カメラ付きのものであれば、テレビ電話も容易に行えます。

国際電話と比べてもぐっと安く済ませられるため、お金に余裕がない方でも安心です。
何よりスカイプ自体は無料でダウンロードできるというのもメリットの一つでしょう。

スカイプはお互いパソコンからの通話であれば、お金が掛からず利用できます。
日本に住む家族へ今の生活について伝えたい、と言う方は気軽に使ってみるのもよいでしょう。

国際免許の取得方法

まずは国内免許

国際免許を取得する条件としては、日本国内において運転する事が有効となる免許証がある、というのが大前提として挙げられます。

つまり、未成年や無免許の人は海外でも運転が行えないため注意しましょう。

ただし、ペーパードライバーなど、日本での運転経験が乏しくても、国際免許の取得は可能です。
しばらくハンドルを握っていなかった、という方は、海外に行く前に少し練習をしておくとよいでしょう。

また申請時にはパスポートといった、渡航を証明するものも提示する必要があります。
従って、「数ヶ月先に海外で運転するから」といって、とりあえず発行するということは出来ないため注意しましょう。

バイクに乗る事は可能?

海外では車以外にもバイクに乗る機会がある、という事も考えられます。
しかし、日本国内にて普通自動二輪の免許を持っていなければ、海外でもバイクを運転する事ができないため注意が必要です。

基本的に国際免許と日本の免許とでは、運転できる車のタイプもほぼ似ています。
普通免許を持っている方の場合、運転手以外に8人まで乗った自動車であれば走行可能です。

また自動二輪の免許を取得している方は国際免許として、通常のバイクや三輪バイクなどが走行可能となっています。

海外に住んでいる人の場合

海外に住んでいる人が国際免許を取得する場合には、住民票の位置状態によって手続きが異なります。
現在も日本国内に住民票がある場合には、書類に記載されている都道府県に設置された、免許試験場などで手続きを行いましょう。

また住民票が海外にある場合には、一時帰国時に宿泊する場所が基準となります。

宿泊施設がある都道府県内にある、運転免許試験場にて申請手続きを行いますが、その際には滞在する場所の証明書も合わせて必要となるため、忘れずに書類を用意しておきましょう。

海外で車を運転するには

国際免許について

運転海外で自動車を運転するためには国際免許が必須です。
日本で運転免許を持っている方でも、他の国では使用できません。
あらかじめ日本で取得手続きを行い、安全運転が行えるよう心がけましょう。

国際免許の有効期限は1年間となっています。
この間、国際免許が有効な国であれば、いつでも運転が可能となります。

しかし、失効した状態を忘れていると、無免許状態での走行となり厳しく罰せられてしまうため注意が必要です。
旅行前には、必ず免許更新手続きを行ってから出かけるよう心がけましょう。

国際免許を取得する方法

国際免許を取得する方法としては、あらかじめ日本国内にて運転免許を取得しておく必要があります。
きちんと講義や実習を行ったのち、晴れてドライバーとしての免許が渡されます。

その後国際免許証として使用する際には、住んでいる場所の運転免許センターや運転免許課、運転免許試験場で申請手続きを行います。

発行までは大体2週間程度要する場合があるため、あらかじめ余裕を持って行動するようにしましょう。
また都道府県によっては申請の内容や期間なども異なるため、必ず最寄の施設に問い合わせておくことが大切です。

どんな国で国際免許が使えるのか

国際免許が使える国は、アジア・中近東・アフリカ・大洋州以外にも、ヨーロッパやアメリカなどさまざまです。
観光として出かける場所であれば、ほとんどが使用できますが、国によって交通ルールも違うため、レンタカーを乗る時には注意が必要です。

アジアの中では発展著しい韓国やシンガポール、フィリピンやラオスなどが挙げられます。
中近東においては、トルコやイスラエル、レバノンといった場所で使用可能です。

ヨーロッパでは、イタリアやギリシャ、イギリスやハンガリーといった場所が観光時に使用でき、新婚旅行などで計画する際に便利です。

そのほか、香港やマカオとった特別行政区でも国際免許が使用できます。

注意点

国際免許を取得する際の注意点としては、申請時に必要となる書類や費用という点があります。
免許の申請を行う際には、日本で使用している運転免許証のほかに、パスポートや顔写真が必要となります。

また申請費用においては、各都道府県ごとに値段が異なるため、あらかじめ警察署や運転免許センターに問い合わせておきましょう。

また運転免許証は原則として日本国内のみ発行が行えます。
従って、海外に出てから急遽免許が必要となっても、代替が利くものが無いと言えるでしょう。

例外として、家族や代理人(親族などに限る)が申請者の代わりとなり、国際免許の申請が可能となります。

ただし、申請中は運転免許証を預ける形となるため、運転が一時的に行えなくなるなどの問題があることも、しっかりと念頭においておきましょう。