アフリカ

各地域で使い分けられている言語

南アフリカ共和国はアフリカ大陸にある国の一つです。
付近にはボツワナやスワジランド、ジンバブエなどの国境があります。

公用語には英語やバントゥー諸語などが用いられており、各地域によって使い分けられています。

南アフリカ共和国の特徴として、首都機能を各地域に振り分けています。
例えば立法府としてケープタウン、行政府としてプレトリアなどが選出されていますが、南アフリカ共和国の代表としてはプレトリアが選ばれています。

エジプト

エジプトエジプトは正式名称エジプト・アラブ共和国という国です。
首都はカイロにあり、付近にはイスラエルやリビアといった国々があります。

ナイル川が流れる場所としても知られており、陸のほとんどが砂漠で覆われています。

エジプトに住むほとんどの人はキリスト教徒かイスラム教徒となり、公用語と使用されているのはアラビア語です。
日本とは全く違った文化であることから、人生の分岐点として旅行先に選ぶ人が増えています。

アルジェリア

アルジェリアアルジェリアは正式名称アルジェリア民主人民共和国という国です。
北アフリカに位置しており、サハラ・アラブ民主共和国と接していることでも知られています。
首都はアルジュに設置されており、付近は地中海に覆われています。

アルジェリアで使われる言語はベルベル語とアラビア語です。
また国内で過ごすほとんどの人々は、地中海沿岸地域に住居を構えています。

国民の口語として使用されるのはアラビア語ですが、アルジェリア方言というものが混ざって使われています。

驚くことに、総人口の3割近くが15歳未満ということもあり、人口増加率も比較的低めだといわれています。
これは国内での義務教育が6歳~16歳までと設定されているためです。

コメントは停止中です。