留学

あらかじめ明確にすること

交流留学と一口に言っても、その方法は様々です。
自分はどんな方法で学びたいのか、どれくらい海外での生活を行いたいのかを、あらかじめ明確にしておく必要があるでしょう。

学生という限られた時間であればなおさらで、非常に希少価値のあるものだといえます。

短期留学はその名の通り、短い期間で英語のスキルアップを目指したい、という方にうってつけの方法です。
元々英語力に自信がある方であれば、どれだけ世界で通用するのかを試す場として選んでもよいでしょう。
たった1週間という時間であっても、人間力を高める場として利用する事が出来ます。

短い期間だからといって、学べる内容が限られている訳ではありません。
あらかじめどのような事を勉強したいのか、と留学時に伝えておくことで、より濃縮された時間を過ごす事ができるでしょう。

異文化交流やコミュニケーションの輪の中に入りながら、より生の英語を学ぶことに適しています。

留学時には学校寮を利用する方法もいいですが、機会があれば現地の家庭にホームステイしてみるのもよいでしょう。
会話力を見につけるだけではなく、現地で親しまれている食事を楽しむチャンスです。

元々フレンドリーに話が出来る人にとっては、言葉や国の壁も1日で越えられることでしょう。

語学留学

語学留学は短期留学よりも、更なる実践的語学力を身につけたい、という人にオススメです。
ビジネスの場において、より自然なイントネーションを取得できる方法だと言えます。
学生の方は、今後就職先として目指す場所がある、という際にうってつけの留学方法です。

語学留学は各国における私立語学学校での勉強がメインとなります。

そのほかにも、大学付属の語学コースを利用する場合もありますが、設置された場所によっては費用が異なる場合もあるため注意が必要です。

学校の規模に関しても大きく差があるため、資料や口コミなどから自分が学びやすいと思う場所を選ぶとよいでしょう。

語学留学で必要となる費用は、授業料・教材費のほかに食費や滞在費などが挙げられます。
それ以外にも航空運賃や交通費などが別途必要となるため、ある程度余裕を持った計画を立てましょう。

高校留学

高校生のうちに留学をしたい、という方には高校留学が便利です。
実際に現地の航行へ転入し、その国の学生として数年間生活を行います。

単なる語学力だけではなく、海外で生活する際の適応能力が身に付くほか、国籍を超えたコミュニケーション能力を鍛える場としても最適です。

今後グローバル企業に入社を希望される方にとって、日本語と同じくらい英語がすんなりと話せる力が求められてきます。
高校生の間、通常の会話が外国語、という環境で過ごしていれば、とっさの会話でも英語がすぐに出す事ができるでしょう。

勿論、日本国内だけではなく世界的な企業も目にしながら生活していくため、今後の生活に対しても新たな刺激を生むきっかけに繋がります。

高校留学は最初こそハードルが高いと感じるかもしれません。
現地の学生は勿論、勉強の内容で聞きたいことがあっても、教師との会話で一苦労する場面も多いでしょう。
しかし、そういった壁も自力で越えてしまえば、あとは自ずと英語力が身についてくると言えます。

大学留学

大学留学は高校留学同様、学生のうちに海外の大学へ入学・転入するという方法です。
学生として一皮向けたい、より将来性を見据えた留学がしたい、という方にオススメでしょう。
高校留学とは異なり、大学留学では自主性などが主に求められる場だと言えます。

大学留学を行う際には、レポートの作成能力や現地でのリサーチ能力が求められてきます。
これらは勿論英語を使ったものになるため、ある程度の英語力も留学時には必要です。

そのため、大学への出願時にはある英語テストを受け、一定の点数が求められる事を知っておきましょう。

大学留学は日本は元より、受け入れ先の国でも奨学生を多く募集しています。
費用などが心配という方は、英語について専攻して学び、補助を貰える形で申請してみるとよいでしょう。
そのほか、大学がある地方自治体などでも、適所補助制度が組まれている場合があります。

コメントは停止中です。