インターンシップ

初めて社会と触れ合う場

インターンインターンシップとは、学生のうちに特定の企業で業務の経験を積み、その後の就職や社会人へのステップとして労働に従事する事を指します。

日本の中でも小売業を中心に行われており、これまでアルバイト経験などがない人にとっては、初めて社会と触れ合う場としても重要な時間として使われます。

インターンシップは基本的に大学3年生という就職活動時に行われ、実際にどのような仕事を行っているのかを目や自分の手で体感しながら学びます。
これにより、正式に就職した後のミスマッチなどを防ぐ事ができ、企業にとっても大きな損失を防げるメリットが生まれます。

海外で行う海外インターンシップ

海外で行う海外インターンシップとしては、主にNGO団体や海外企業が中心となります。
日本国内とは異なり、給料の発生や休日、さらには仕事として行う内容などもさまざまです。

これまで日本の企業ばかり見て来た学生にとっては、世界規模で行われるグローバルな運営部分など、非常に刺激の多い時間であると言えます。

そのため、就職だけではなく学生起業などを考えている方にも人気のあるものといえるでしょう。

参加条件

海外インターンシップに参加する条件としては、日常的なコミュニケーションが取れるほどの英語力と職務経歴などが関係してきます。

企業へただ遊びに行くのではなく、一時的に従業員の一人としてしっかりと働く意識を持つ事が大切です。

それぞれの国によって募集状況・内容が異なるため、タイミングを常に見定めておく事も重要です。
海外に訪れる期間も1ヶ月から1年以上必要となる場所があるため、それぞれ自分にあった企業や国などを考慮しながら、海外インターンシップをしたい場所を決めてみるとよいでしょう。

コメントは停止中です。