日本と海外の薬の違い

国ごとに設けられている

薬海外には日本同様に薬局というものが設置されています。
しかし販売されている薬は、国内のものとは違い少々危険なものも存在しています。
これは国ごとに設けられた薬に関する制度の違いが関係しているといわれています。

例えば、お店で販売されている風邪薬の中でも、中身として含まれている成分が大きく異なります。
日本国内で手に入る薬には、喉の痛みや発熱を抑える効果が期待できるのがほとんどでしょう。

しかし、海外で手に入る薬には、喉の痛みだけを抑える力しかなく、他の症状が見られたときの対応に困ってしまう場合があります。

ニセ薬にも注意

日本ではありえない話ですが、発展途上国などではニセの薬が販売されている場合が多々あります。
パッケージも正規品に似せたものになっており、一目見ただけでは気づかないでしょう。

勿論服用しても効果がないどころか、どんな成分が含まれているか分からないため非常に危険です。
特に飲み薬など、体の中に服用するものに関しては、必ず薬局のスタッフに確認しておくよう心がけましょう。

またニセモノとまではいえないものの、用量がかなり異なる薬も販売されています。

日本では、おおよそ考えられない量を飲まなければいけない場合もあり、薬の内容によっては日本人にあっていなもの販売されているため注意しましょう。

国によって違う規制内容

薬局で販売されている薬は、国によって規制内容が異なります。
日本国内では処方箋が無ければ買えない薬であっても、海外では何ら問題なく販売されている事も多々あります。

勿論内容自体は同じということもあり、安易に服用してしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうので注意しましょう。

また国が認めず、本来であれば処方箋が必要な薬を違法に販売しているお店もあります。

利用した人も罰せられてしまうだけではなく、体への異常が出ても保険が降りない場合があるため、絶対に利用しないよう心がけましょう。

コメントは停止中です。