ルームシェア

日本でも人気

ルームシェアルームシェアとは用意された一つの住居に、数名が共有して生活する場所を指します。
住居に住む人々は恋人や家族といった関係ではなく、全くの他人同士であるのが特徴です。
日本では近年急速的に広まりつつある方法ですが、海外では比較的一般的に利用されています。

ルームシェアと一口にいっても、住み方によっていくつかの種類に分かれています。
例えばキッチンのみを共有し、各自鍵付きの扉を付けて過ごすスタイルです。

この場合、個人の時間はしっかり確保できるだけではなく、貴重品の盗難といった心配も少なく済みます。
それ以外にも、夕食時は皆が居間に集まり、合同で食事を楽しむといった住まいもあります。

ルームシェアのメリット

ルームシェアのメリットは何と言っても家賃が安く住む、という点です。
一つの住まいを数名で分けて利用するわけですから、当然ながら一人当たりの負担額も減らす事ができます。
そのため、安い家賃であっても、広い部屋に住むことが可能となっています。

また、光熱費や電気代、インターネット費なども、ルームシェアなら皆で分割して支払う事ができます。
そのため、まとまったお金が無くて住まい探しに困っている人でも、安心してのびのびと生活する事ができるでしょう。
食事なども皆で行う場所であれば、食費や生活費の節約にも繋がります。

孤独感が無くなる

海外で住むとなると、どうしても訪れるのが孤独感・ホームシックです。
せっかく住まいを決めたのに、数日も経たずに日本へ帰りたくなる人も少なくないでしょう。

人と会話が出来ないこと、食事が口に合わないことなどは、想像しているようも過酷な事です。

そういった問題に関してもルームシェアなら問題ありません。
居間やキッチンに出向けば誰かが生活しているため、気軽に話しかけることも出来るでしょう。
多国籍でのルームシェアなら、住居の中で国際交流も自然に行えます。

ルームシェアのデメリット

ルームシェアのデメリットとしては、国によって住まいが少ないという点が挙げられます。

仮に見つけられたとしても、利用する年齢や性別といった条件に当てはまらないと、うまい具合に物件と出会う事ができないでしょう。

最近ではインターネットでも募集内容が見られるため、海外に出向く前にチェックしておく事が大切です。

また、基本的に自由な時間が作れない、という点も挙げられます。
いくら鍵付きの扉が付いているとしても、壁の向こうは誰かが並行して生活をしています。

物音や生活音など、プライバシーなどに敏感な方は、あまりルームシェアに向いていないといえるでしょう。

コメントは停止中です。