アパート

自分の時間を大切にする

アパート海外のアパートに住む際のメリットとしては、周りに気を使わず自分の時間を大切に出来る、という点があります。

同じ部屋や建物の中に、別の人間が共存しているというのは苦手、という方も多いはずです。
自宅に帰った時くらいは余計な事を考えず、素の自分に戻りたいのが本音としてあるでしょう。

アパートを利用する際、基本的には1つの住まいに1人が住む形となります。
広さこそそれほどありませんが、自分の城として生活するには何ら不便に感じないでしょう。

そのため、長期間海外で生活する、という場合でも、周りの色に染められず、自分の色を残して活動できます。

部屋の値段は自分次第

アパートを海外滞在の中心として考える場合、住む場所の値段も自分で自由に決められる、といったメリットもあります。
中心街から多少離れた場所であっても、交通手段がしっかり配備された場所であれば、それほど不便にも感じません。

ならば、住みやすさや周りの環境などを考慮しつつ、自分好みのアパートを探し出してみましょう。
こちらのサイトも参考になさってください。
>>ワーキングホリデーの留学タイムズ

部屋のサイズは勿論ですが、壁の厚さや築何年など、日本で不動産探しを行う時同様に細かくチェックする事も大切です。
アパートを現地で探す際には、新聞折込チラシや街の掲示物などを参考にしてみましょう。

写真などで分からない場合には、空き住居の管理者に電話をしてみるのも一つの手です。
外見も勿論ですが内見もしっかりと見定めて、後悔のしない住居探しをしましょう。

ある程度の英語力が必要

アパートを自分の力で探す際、住まいを選ぶ範囲は広がるものの、不動産や地理などの知識が、ある程度必要となります。
そのため、地図だけではなくその場所に一度訪れてみてから、実際に住む場所を決めるのが大切です。
日本に住んでいる際にも、不動産における基礎知識や間取り図の見方などを勉強しておきましょう。

また大家さんとの話し合いの場では、アパートに関して聞き出したいが山ほどあっても、言葉通じずに断念してしまう方がいらっしゃいます。

これではしっかりとした住まいを探すことが不可能となってしまうため、会話に困らない程度の英語力を身につけておきましょう。
心配な場合には、あらかじめ不動産に関する英単語を覚えておくのも一つの手です。

場合によっては国際免許証が必要になることも

アパートの場所によっては、公共機関の配備が行われていない場合も多々あります。
そういった地域においては車の運転が必須となるため、あらかじめ国際免許証の申請をしておく必要があります。
日本国内であれば海外に行く前に手続きが行えるため、忘れずに申請を行っておきましょう。

また車の運転時には、日本とは違った運転ルールが設けられている国もあります。
特に右側通行というルールは日本以外あまり見受けられないため、最初のうちは戸惑ってしまうでしょう。

不意の交通事故から避けられるよう、現地に着いたらある程度運転の練習をしておく事をオススメします。

コメントは停止中です。