シンガポール

人気上昇中のシンガポール

今、シンガポールは日本人の間で、移住先としてとても注目されています。
観光立国としてのイメージが強かったシンガポールですが、著しい経済成長を遂げ、今や立派な先進国と言えるようになりました。

街はきれいで、交通機関も発達しているため移住希望先として近年その人気が高まっているのです。
シンガポールは東南アジアに位置しますが、他の東南アジア諸国のような雰囲気はありません。
高層ビルやリゾートホテル、そして近代的な街並みと、他の国にないスタイリッシュな雰囲気を持つ都市と言えるでしょう。

シンガポール発展の理由

シンガポールは独立50年ほどのとても新しい国です。
以前は、観光産業が中心の国でしたが、この数十年で経済的に急成長しました。
では、シンガポールが大きく発展した理由はどういったものなのでしょう。

シンガポールは立地的にアジア圏のハブ的役割を担う位置にあります。
アジアの拠点として、海外の企業誘致を行い、規制緩和や税制の優遇を実施して海外企業にメリットを感じてもらえる政策を実施しているのです。
そのためシンガポールは海外企業が多く参入し、労働者の3割が外国人という多国籍国家としての色合いが濃くなってきています。
そして現在、GDPは日本を抜きアジアの中で最も豊かな国となったのです。

シンガポールの生活

シンガポールは東南アジアの赤道直下にあるため、熱帯モンスーン気候に属しています。
そのため、基本的には一年を通して高温多湿の気候です。
一応、雨季と乾季に分かれてはいますが、乾季であってもスコールは頻繁にあります。

東南アジア諸国では珍しく、このシンガポールは衛生面でとても優れた街と言えます。
ゴミのポイ捨てや、喫煙場所以外での喫煙、さらに公衆トイレでの流し忘れでさえ罰金が科せられるため、街全体が清潔な状態にあるのです。

また、治安ですが、シンガポールは刑法が非常に厳しくなっています。
軽犯罪であっても、他の国に比べ刑が重いため、治安が良い状態が保たれているのです。
女性の夜の一人歩きさえ気を付ければ、まず安心して暮らせる街でしょう。

シンガポール移住に向いている人

 
シンガポールは若い国で、活力に満ちています。
海外からの移住者や労働者が多く、自分が日本人ということを忘れてしまうくらい多国籍な国です。
そのため、日本人の悪いところでもある閉鎖的な部分は障害となりかねません。
移住に際しては、全てに対し、オープンな気持ちを持っている必要があります。

シンガポールは日本人にとって、生活していく上での不便さは感じないでしょう。
何でも揃い、すぐに手に入るわけですから、物理的には日本と変わりません。
ただ、慣れない海外生活を続けていくには、やはり現地の人々とのコミュニケーションが重要になってきます。
現地に住む多国籍な人々との交友を広げていくことで、より楽しい移住生活を送れるのです。

コメントは停止中です。