カテゴリー別アーカイブ: きっかけ

国際結婚

国籍の違う二人

ブーケ国際結婚とは国籍が違う二人が結婚を行う事を指します。
日本国内であれば、日本人と外国人が籍を入れる様を表しています。

国内に関しては、各国に対する認識や知識が増えたことにより、以前よりも国際結婚に対する風当たりが弱まっているものと言えます。

国際結婚を行ったあとは、相手の国籍を日本に変えることが出来ます。
これを「特別帰化」といい、相手の国で暮らせる権利を得られます。
勿論日本で暮らす場合には、日本の憲法に則り、婚姻届を出さなくてはいけません。

姓の変更はどうなる?

日本で国際結婚を行う場合、姓の変更というのも大きな課題になります。
例えば子供が産まれたとき、配偶者が変更届を出さない場合には、その子供は戸籍上2つの姓を持ちます。

また日本戸籍にある姓を変えたい、という時には、結婚から半年以内に在外日本大使館などで手続きが必要です。
もし結婚後半年を経過してしまうと、家庭裁判所での手続きが発生してしまうため気をつけましょう。

国籍は?

外国人と日本人が結婚した場合、国籍がどうなるのか心配、という方もいらっしゃいます。
しかし、何らかの手続きを行わない限り、日本国籍が失われる事はないのでご安心ください。

ただし、中東諸国など一部の国によっては、強制的に日本での国籍が無くなってしまう場合もあります。

生まれてきた子供の国籍に関しては、国によってシステムも様々です。
基本的には父親の国籍を用いる場所が多いとされていますが、血統主義などを強く掲げている国においては、やや複雑な形で形成されている場合もあるため、あらかじめ役所などで調べておくとよいでしょう。

自分たちだけではなく未来の子供たちのため、出来る限りの配慮は大切です。

インターンシップ

初めて社会と触れ合う場

インターンインターンシップとは、学生のうちに特定の企業で業務の経験を積み、その後の就職や社会人へのステップとして労働に従事する事を指します。

日本の中でも小売業を中心に行われており、これまでアルバイト経験などがない人にとっては、初めて社会と触れ合う場としても重要な時間として使われます。

インターンシップは基本的に大学3年生という就職活動時に行われ、実際にどのような仕事を行っているのかを目や自分の手で体感しながら学びます。
これにより、正式に就職した後のミスマッチなどを防ぐ事ができ、企業にとっても大きな損失を防げるメリットが生まれます。

海外で行う海外インターンシップ

海外で行う海外インターンシップとしては、主にNGO団体や海外企業が中心となります。
日本国内とは異なり、給料の発生や休日、さらには仕事として行う内容などもさまざまです。

これまで日本の企業ばかり見て来た学生にとっては、世界規模で行われるグローバルな運営部分など、非常に刺激の多い時間であると言えます。

そのため、就職だけではなく学生起業などを考えている方にも人気のあるものといえるでしょう。

参加条件

海外インターンシップに参加する条件としては、日常的なコミュニケーションが取れるほどの英語力と職務経歴などが関係してきます。

企業へただ遊びに行くのではなく、一時的に従業員の一人としてしっかりと働く意識を持つ事が大切です。

それぞれの国によって募集状況・内容が異なるため、タイミングを常に見定めておく事も重要です。
海外に訪れる期間も1ヶ月から1年以上必要となる場所があるため、それぞれ自分にあった企業や国などを考慮しながら、海外インターンシップをしたい場所を決めてみるとよいでしょう。

ワーキングホリデー

働きながら文化交流

ワーキングホリデーとは日本と別の国が協定を結び、一定の就労と合わせて文化交流を肌で感じてもらうよう設けられたものです。

勿論働くだけではなく、現地での休暇もしっかりと楽しみながら、日本とは異なる生活内容を体感する目的もあります。
主に18歳から30歳の間(国によっては25歳まで)に受けられるもので、基本的に1カ国1度のみの利用となります。

留学と大きく異なる点としては、勉強ではなく就労と休暇を現地で行う、という点が挙げられます。
勉強をするために海外へ出向くのではなく、実際に生活するための滞在資金を自分で稼ぎ、休日もしっかりと楽しむという目的があると言えます。

30歳以上でもワーキングホリデーが行える理由

ワーキングホリデーには、原則として18歳から30歳という年齢制限がありますが、あらかじめ30歳より前に申請手続きを行うことで、30歳を越えても利用する事は可能です。

誕生日が近い人の場合、日付の境は協定国(利用する国)の日時で計算されてしまうため、早めの行動が大切だと言えるでしょう。

また基本的にワーキングホリデーの手続きは全てコンピューターで管理しています。
そのため、申請時間が遅い場合や、込み合った時間帯に手続きを行うと、予定よりも遅れてしまう場合があります。

どんな事でも言えることですが、重要な書類提出などは余裕を持って行動するよう心がけましょう。

費用はどれくらい?

ワーキングホリデーに掛かる費用は、協定国によって代わります。
旅行などで渡航する際、どれくらい掛かるのかを目安に考えておくとよいでしょう。

またビザ代金以外にも、健康診断をあらかじめ行うよう指示される場合があります。
この際、通常よりも2万円程度多く必要となるため、あらかじめお金に余裕を持っておくよう心がけましょう。

また帰国時の航空券代も、当初の計画として組んでおく事が大切です。
ワーキングホリデーの間にお金が溜まるから、とタカをくくっていると、いざお金が必要になったとき困ってしまう場合もあります。

出国手続きが行えず、不法就労とならぬよう、あらかじめお金を分けて用意しておきましょう。

ワーキングホリデーには目的が必要

ワーキングホリデーは働く・遊ぶという大きなテーマがありますが、それ以外にも自らで目的を持っておくことが重要です。
渡航する国に対し、どのような興味を持っているのか、将来においてどんなスパイスに変わるのかを入念に考えておくとよいでしょう。
せっかく海外に行けるチャンスでもあるのですから、1分でもムダにしないような努力が必要です。

例えば、性格を180度変えてみたい、と思うだけでもよいでしょう。
日本に居る間は内気で何も出来なかった、という方も中にはいらっしゃいます。

しかし、海外で生活をしていく中で、今まで触れた事がない世界を知り、人々とのコミュニケーションの楽しさを知った、なんて方も多いです。

ただ働くだけ、遊ぶだけでワーキングホリデーを利用するのではなく、その国ならではの行動方法を考えておくようにしましょう。

海外ボランティア

強い団結力

海外ボランティアとは、民間の団体として作られたボランティア組織です。
それぞれの国にある政府とは関係ない形で行動しているため、宗教や国同士のいがみ合いに関係なくボランティア活動を行います。

国際協力はないものの、組織の規模によっては非常に強い団結力があり、どんな困難も乗り越えていける力を持ち合わせています。

海外ボランティアでは主に、飢餓に苦しむ方や難民で困っている人を助ける活動を行っています。
そのほか人権や教育といった分野にも進んで参加しているほか、開発や環境問題にも日々困難と向き合っています。

海外ボランティア団体に加入したい場合には、これらの問題について深く考える事を胸に、団体へインターネットや電話で応募します。

微力であっても自分が何とかしたい、という気持ちがあれば、一度参加してみるのもよいでしょう。

環境に対するボランティア

苗環境に対するボランティアとしては、環境保護や環境整備といった仕事があります。
人々の生活によって破壊されつつある自然環境において、元の状態に戻せるよう活動しているのが特徴です。

苗木を植える作業など、どんなに微々たるものであっても、将来大きな花を咲かせられる希望が込められているといえるでしょう。

そのほか、時間の経過によって劣化が進む、教会や古城といった建物の修復作業も行います。
国によっては、作業時間や費用の問題によって放置されている場所でも、海外ボランティアが丹精込めて元の形に戻せるよう行動を行います。

普段見慣れた観光地であっても、もしかしたらボランティアの手が施されている場所があるかもしれません。

文化交流など

文化交流としては、絶滅の危機にさらされている海がめの保護などを行っています。
産卵から卵の保護管理まで見守り、無事子ガメたちが孵化できる状況を作り上げます。
感動的なシーンでもあるため、若い女性を中心に人気のあるボランティアです。

そのほか、地域住民との文化交流なども行います。
主に子供たちに向け、お菓子や学習道具を無償で送り、よりよい生活を送ってもらうよう配慮しています。

どの国に生まれても、悲願することなく生活してもらうため、海外ボランティアは日々活動を行っているといえるでしょう。

その他ボランティア内容

その他、海外ボランティアが行う内容としては、荒れ果てた農地を耕す作業などが挙げられます。
数年間作物が作られていないような場所でも、根気強く肥料を撒き、作物が成るような場所を作り上げます。

実際に農地として開拓するまでは時間がかかるものの、作業を行う者としてはこの上ない満足感を感じられるかもしれません。

また、社会福祉活動にも積極的に参加しています。
他の海外ボランティアと手を組み、難しい課題にも日々立ち向かっているといえるでしょう。

ボランティアをしている間は、日本の中で生活しているだけでは知れない、世界で起きている様々な課題に肌で触れる、非常に貴重な時間でもあります。

留学

あらかじめ明確にすること

交流留学と一口に言っても、その方法は様々です。
自分はどんな方法で学びたいのか、どれくらい海外での生活を行いたいのかを、あらかじめ明確にしておく必要があるでしょう。

学生という限られた時間であればなおさらで、非常に希少価値のあるものだといえます。

短期留学はその名の通り、短い期間で英語のスキルアップを目指したい、という方にうってつけの方法です。
元々英語力に自信がある方であれば、どれだけ世界で通用するのかを試す場として選んでもよいでしょう。
たった1週間という時間であっても、人間力を高める場として利用する事が出来ます。

短い期間だからといって、学べる内容が限られている訳ではありません。
あらかじめどのような事を勉強したいのか、と留学時に伝えておくことで、より濃縮された時間を過ごす事ができるでしょう。

異文化交流やコミュニケーションの輪の中に入りながら、より生の英語を学ぶことに適しています。

留学時には学校寮を利用する方法もいいですが、機会があれば現地の家庭にホームステイしてみるのもよいでしょう。
会話力を見につけるだけではなく、現地で親しまれている食事を楽しむチャンスです。

元々フレンドリーに話が出来る人にとっては、言葉や国の壁も1日で越えられることでしょう。

語学留学

語学留学は短期留学よりも、更なる実践的語学力を身につけたい、という人にオススメです。
ビジネスの場において、より自然なイントネーションを取得できる方法だと言えます。
学生の方は、今後就職先として目指す場所がある、という際にうってつけの留学方法です。

語学留学は各国における私立語学学校での勉強がメインとなります。

そのほかにも、大学付属の語学コースを利用する場合もありますが、設置された場所によっては費用が異なる場合もあるため注意が必要です。

学校の規模に関しても大きく差があるため、資料や口コミなどから自分が学びやすいと思う場所を選ぶとよいでしょう。

語学留学で必要となる費用は、授業料・教材費のほかに食費や滞在費などが挙げられます。
それ以外にも航空運賃や交通費などが別途必要となるため、ある程度余裕を持った計画を立てましょう。

高校留学

高校生のうちに留学をしたい、という方には高校留学が便利です。
実際に現地の航行へ転入し、その国の学生として数年間生活を行います。

単なる語学力だけではなく、海外で生活する際の適応能力が身に付くほか、国籍を超えたコミュニケーション能力を鍛える場としても最適です。

今後グローバル企業に入社を希望される方にとって、日本語と同じくらい英語がすんなりと話せる力が求められてきます。
高校生の間、通常の会話が外国語、という環境で過ごしていれば、とっさの会話でも英語がすぐに出す事ができるでしょう。

勿論、日本国内だけではなく世界的な企業も目にしながら生活していくため、今後の生活に対しても新たな刺激を生むきっかけに繋がります。

高校留学は最初こそハードルが高いと感じるかもしれません。
現地の学生は勿論、勉強の内容で聞きたいことがあっても、教師との会話で一苦労する場面も多いでしょう。
しかし、そういった壁も自力で越えてしまえば、あとは自ずと英語力が身についてくると言えます。

大学留学

大学留学は高校留学同様、学生のうちに海外の大学へ入学・転入するという方法です。
学生として一皮向けたい、より将来性を見据えた留学がしたい、という方にオススメでしょう。
高校留学とは異なり、大学留学では自主性などが主に求められる場だと言えます。

大学留学を行う際には、レポートの作成能力や現地でのリサーチ能力が求められてきます。
これらは勿論英語を使ったものになるため、ある程度の英語力も留学時には必要です。

そのため、大学への出願時にはある英語テストを受け、一定の点数が求められる事を知っておきましょう。

大学留学は日本は元より、受け入れ先の国でも奨学生を多く募集しています。
費用などが心配という方は、英語について専攻して学び、補助を貰える形で申請してみるとよいでしょう。
そのほか、大学がある地方自治体などでも、適所補助制度が組まれている場合があります。