カテゴリー別アーカイブ: 健康

日本から持ち出せる薬

海外で使えないものも

海外に出かける際、普段から服用している薬が、海外で使えない場合もあります。
これは、国によって持ち込み自体が禁止されている薬があるためです。

ぜんそくや鬱、高血圧といった病気を持っている人は、必ず旅行先で持ち込み不可な薬を知っておくようにしましょう。

またあらかじめ下調べをしておいても、渡航内容によっては持ち込みの条件も変わる場合があります。
常備薬が必須、という方の場合には、旅行会社などにも確認しておくよう心がけましょう。

持ち込みが行えない薬とは

麻薬一般的に海外へ持ち込みが行えない薬というのは、麻薬として認定されているものです。
日本国内では向精神病薬として使用されているものも、国によっては厳しく罰せられる場合があります。

精神的な病気により、抗うつ薬や睡眠薬が必要な場合には、薬を使用しなくても大丈夫な状態になってから海外旅行を楽しみましょう。

また、抗てんかん薬や精神安定剤といった薬も、持ち込みが認められないケースが多いと言えます。
何も知らず持ち込んでから逮捕された、といったマヌケなことにならぬよう、しっかりとチェックしておくようにしましょう。

こんな薬は大丈夫

基本的に海外へ薬を持ち込む際には、日本から持ち込みが制限・禁止されていないものであれば問題ありません。

かなり曖昧な表現であるものの、市販されているお薬のほとんどには、裏面に海外での使用条件が記載されているため、心配することもありません。

また処方箋のほとんどは、海外へと持ち込めないと認識しておくとよいでしょう。
万が一旅行を行う前に病気になってしまった、という時には、素直に日程の延長を行うことがベターだといえます。

心臓などに関する病気

心臓や血圧といったからだの臓器に関する病気にかかってしまうと、必然的に処方箋を使わざるを得ません。
そのため、ほとんどの国へ渡る機会が制限されてしまうため注意しましょう。

また万が一病気の内容を申告せず、安易な気持ちで処方箋を持ち込んでしまうと大変です。
自分だけではなく旅行を共にする人々まで危害を被ってしまうため、絶対にやめましょう。

日本と海外の薬の違い

国ごとに設けられている

薬海外には日本同様に薬局というものが設置されています。
しかし販売されている薬は、国内のものとは違い少々危険なものも存在しています。
これは国ごとに設けられた薬に関する制度の違いが関係しているといわれています。

例えば、お店で販売されている風邪薬の中でも、中身として含まれている成分が大きく異なります。
日本国内で手に入る薬には、喉の痛みや発熱を抑える効果が期待できるのがほとんどでしょう。

しかし、海外で手に入る薬には、喉の痛みだけを抑える力しかなく、他の症状が見られたときの対応に困ってしまう場合があります。

ニセ薬にも注意

日本ではありえない話ですが、発展途上国などではニセの薬が販売されている場合が多々あります。
パッケージも正規品に似せたものになっており、一目見ただけでは気づかないでしょう。

勿論服用しても効果がないどころか、どんな成分が含まれているか分からないため非常に危険です。
特に飲み薬など、体の中に服用するものに関しては、必ず薬局のスタッフに確認しておくよう心がけましょう。

またニセモノとまではいえないものの、用量がかなり異なる薬も販売されています。

日本では、おおよそ考えられない量を飲まなければいけない場合もあり、薬の内容によっては日本人にあっていなもの販売されているため注意しましょう。

国によって違う規制内容

薬局で販売されている薬は、国によって規制内容が異なります。
日本国内では処方箋が無ければ買えない薬であっても、海外では何ら問題なく販売されている事も多々あります。

勿論内容自体は同じということもあり、安易に服用してしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうので注意しましょう。

また国が認めず、本来であれば処方箋が必要な薬を違法に販売しているお店もあります。

利用した人も罰せられてしまうだけではなく、体への異常が出ても保険が降りない場合があるため、絶対に利用しないよう心がけましょう。

病気や怪我をしたら

海外で起こりうるトラブル

日本とは違い、海外ではさまざまなトラブルに巻き込まれてしまうことが多々あります。
強盗や殺人事件、テロや感染病など、ドラマの世界にいるかのような状況も考えられます。
自分は関係ない、などと思わず、色々な場面を想定しながら過ごすようにしましょう。

万が一自分がトラブルに巻き込まれた時、どういった対応方法をすればいいのかを知っておく事で、海外にいてもパニックにならず生還する事ができます。

怪我をしてしまった時や、病気になってしまった時など、自分で解決できない事もあるでしょう。
そんな時にはどこに頼ればいいのか、また正しい知識を持った人はどんな方なのか、それぞれ学んでおくことが重要です。

トラブルから回避する方法

ミネラルウォーター海外におけるトラブルから回避するためには、いくつかの注意点があります。
例えば、食べ物・飲み物などの口に含むアイテムについてです。

特に飲み水に関しては、日本ほどろ過設備がしっかりと整っていない国が多く、中にはアメーバなどが潜んでいる危険性もあります。

必ずミネラルウォーターなど、口に入れる飲み物は購入するよう心がけましょう。

また旅行として海外に出かける際には、クレジットカードなどに保険が入っているかも確認しておきましょう。
万が一の時に頼りになるのは、やはりお金と保険という存在です。

治療や入院などをスムーズに行えるよう、どういった時に対応できるのかもしっかりとチェックしておきましょう。

海外で病気や怪我をした時は

海外で病気や怪我をした時には、まず病院に連絡をしましょう。
その際、なるべく大きめの病院か緊急病院を選ぶ事をオススメします。

これは、外国人という事から後回しにされ、現地の人から優先して治療を進めさせないための行動です。
万が一の時に備え、こちらのサイトも参考になさってください。
>>海外旅行保険、病気やケガのときの注意

また医師からの診断書に関しても、必ず治療の場で貰うようにしましょう。
記載する内容に関しても、病状やどれくらいの治療が必要なのか、事細かに記載してもらう事が大切です
他の病院でも利用が出来るよう、内容は全て英語で記載してもらうようにしましょう。

万が一の時を備えて

不意の事故や病気になったとき、英語がしゃべれないといった問題も出てきます。
そんな時には、あらかじめ加入してあった保険会社に電話で相談してみましょう。

ほとんどの企業では日本人スタッフによるヘルプデスクが併設されているため、緊急時でも安心です。

また保険会社の番号が分からない時には、クレジットカード会社に電話してみるのもよいでしょう。
海外保険がオプションとして付いている会社であれば、手厚い対応でトラブルから抜け出す事画で居ます。
いずれにしても、日本人スタッフがいる会社に電話が出来るかどうか、海外に行く前に確認しておくのも大切です。

ホームシックの予防法

普段はなにも感じなくても

ホームシックとは海外などで住む際、ふるさとに対して懐かしさや寂しさを思い出す気持ちを指します。
同様に今まで過ごしてきた実家に対しても恋しさが生まれ、憂鬱な気分になってしまう事も意味しています。
ホームシックは何も珍しい事ではなく、どんな人でも起こりうる、心の問題です。

留学などで海外に訪れた際には、よくホームシックで悩む学生さんがいらっしゃいます。
これまで小学校から中学校と、ずっと生活してきた家や風景から離れた訳ですから、無理もないことでしょう。
普段は何も感じない人でも、食事などが口に合わない時など不意にホームシックになってしまうケースもあります。

この時間違ってはいけないのが、ホームシックになることに対し、劣等感を感じてしまうことです。
実家や日本を寂しがることは何も恥ずかしい事ではありません。
むしろそれだけ「自分にとって戻れる場所がある」、と誇りに持つよう心がけましょう。

日本のアイテムを持っていく

梅干しそうはいっても、ずっとホームシックに打ちひしがれていては、せっかく海外に来た意味も無くなってしまいます。
早く今の生活に慣れるためにも、あらかじめ日本で使っていたアイテムを持っていくようにしましょう。

例えば食べ物に関してです。
脂っこいものばかり食べる生活に飽きてしまった時には、日本から持ってきたお漬物や梅干しなどが役立つでしょう。
さっぱりとお茶漬けで済ませたい、なんて時にも、インスタントの素を買っておくだけでかなり違います。

また衣類などに関しても、日本で着ていた物を持っていくと邪魔になる、と制限してしまう人がいます。
しかし、現地ではなかなか自分のサイズに合ったものが見つからないほか、デザインなどにも気に入ったものが見つからないのがほとんどです。
そういった問題を解決するためにも、普段から着ていた洋服などを海外に持っていくようにしましょう。

カルチャーショックを打ち消す

ホームシックになる人のほとんどは、現地でのカルチャーショックが関係しています。
今まで過ごしてきた生活とは全く違った場面に遭遇し、これから本当に生活していけるのか、という不安が頭によぎるためです。
そういった心配を早く取り除くためにも、カルチャーショックを打ち消す努力を行いましょう。
ホームシックの予防法として、こちらのサイトも参考になさってください。
>>t-news Web

例えば分からない事、不便に思っている事があれば、身近な人間に相談してみるのも一つの手です。
外国人だからといって謙虚にならず、現地の人との会話と気持ちの共存を行いましょう。
ホームステイなどを行う場合には、ホストファミリーとの会話の時間が、ホームシック解決の最も重要なポイントとなります。

日本とのつながりも忘れずに

なかなか現地の人々と打ち解けられない、と悩んでいる方は、日本とのつながりを思い出してみるとよいでしょう。
最近人と会話をしていない、と感じた時には、Skypeなどを使って友達と話してみるのも大切です。
以前のように海外通話に多額のお金が掛からなくなったため、インターネットを使って日本とのつながりを思い出すのも簡単です。

また携帯電話を利用する際には、各運営会社の掛け放題プランに登録しておくとよいでしょう。
家族の声を聞くとついつい長電話をしたくなってしまうのは、みんな同じことです。
時間を気にせず、ゆっくりと声が聞けるよう、あらかじめ手続きを行っておきましょう。